アロマのセラピストになるには資格が必要!

ウーマン

卒業と同時に資格取得

保育士

早く働くor深く学ぶ

保育士になるためには国家資格である「保育士資格」が必要です。保育士資格は、厚生労働省が指定した養成学校(専門学校・短大・大学)を卒業すると、無試験で取得できます。したがって、早く現場で働きたい方は最短で2年で卒業できる専門学校や短大が、保育のみならず、もっと深く乳幼児教育について学びたい方は4年生の大学に進学するのが適しています。最近では幼保一体化を進める自治体も多く、それに伴い、幼稚園教諭免許状も併せて取得できる学校も多くあります。幼稚園教諭免許とダブルで取得を考えている方はそれが可能かどうかも学校選びのポイントになります。また、これらの学校を卒業していなくても、受験資格を満たしていれば、保育士国家試験を受けて、保育士になることができます。具体的には、厚生労働省の指定外の専門学校、短大、大学を卒業していることや、実務経験が2年以上あると受験資格が得られます。しかし、合格率は10パーセントから20パーセントと低く、厳しい道になるのは間違えありません。保育士を目指すなら、いずれかの養成施設に入り、卒業するのがベターな選択であるといえるでしょう。資格取得のほかにも、保育科のある専門学校や大学に通うメリットはたくさんあります。保育士にはなくてはならない運動能力やピアノや絵画など芸術的センスを、授業を通して磨くことができます。さらに、実習活動では、実際に保育の現場で児童と触れ合うことができるのです。将来、保育士として働く自分の姿を想像することができるでしょう。