アロマのセラピストになるには資格が必要!

大学生

卒業と同時に資格取得

学校卒業と同時に保育士資格を取るなら、大学や専門学校に通う方法が手っ取り早いといえるでしょう。学校では、保育士の基礎である体力やピアノを弾く能力を身につけていきます。また、実際の保育園に行き、保育士としての仕事を体験できる実習授業もあります。

保育園

幼稚園で働く為の資格とは

幼稚園教諭を目指す為に必要な幼稚園教諭免許状を大学で取得するメリットとして、幼稚園教諭一種免許状を取得する事が可能な点が挙げられます。二種に比べてより深い専門的知識を学んだ事を示す一種免許状は現場で働く際には勿論、指導者への道を目指したい場合には是非とも取っておきたい重要な資格なのです。

癒しのスペシャリスト

アロマ

毎日、元気に生活していくためには、ストレスを解消し、リフレッシュする必要があります。ストレスは心身に悪影響を与えてしまうので、意識して解消するようにしましょう。手軽にストレス解消できる方法の1つに、アロマセラピーがあります。これは、植物から抽出したオイルを使って、香りを楽しんだり、マッサージに利用します。アロマオイルはとても良い香りがし、種類によって持つ効果は異なっています。そのため、趣味から仕事にしたいと考える人も多いのです。アロマを仕事している人を、アロマセラピストと呼んでおり、アロマオイルについてのアドバイスや、アロマオイルを使ったマッサージを提供しています。アロマセラピストの資格は、専門校に通って取得する事ができるのです。アロマセラピストは民間資格なので、専門校も民間になります。そのため、大手から個人経営まで様々あり、短期から長期のコースなど、自分に合った学び方が、できるようになっています。アロマの専門校で学ぶ利点ですが、効能や身体への影響、また相性の良い配合、そして、マッサージ技術を学ぶ事ができるからです。植物オイルも相性や体調によって、時には、身体に悪い影響を与えてしまう事もあるので、専門校で、しっかりと知識を得る必要があるのです。また専門校に通えば、同じセラピストを目指す相手一緒に、マッサージの練習ができるので、技術を高める事ができ、また情報交換などもできます。知識や技術だけでなく、ネットワークを広げる事もできるのです。

保育士

子どもたちの成長を支える

保育士は保護者に代わって子どもを保育する仕事です。保育士は子どもたちを保護しつつ感性や思考力を育てる重要な役割を担うため国家資格が必要です。国家資格は養成課程のある学校で必要なカリキュラムを取得すると得られます。この他に国家試験を受験し合格することでも得られるが非常に合格率が低いといえるでしょう。